顔のパーツの立体感について

絵が上手いというのは、正しい立体を正しく平面に表せている、ということだと思いました。
平面に表された立体(つまりは絵のことです)から推測される立体がおかしいと、下手に見えたり違和感のある絵になってしまう気がします。
正しい立体は「つみ式ミクさん」などの3Dモデルを見れば何となく分かりますが、それを正しく平面に表す方法というのはよくわかりません。
そのため最近は、顔のパーツの立体感について考えていました。
具体的な練習法が分からなかったので結構時間がかかってしまいました。
現状の練習方法は、他の要素が固定のときにある要素を変えたらどう印象が変わるか、といった方法でやっています。
下に目、眉、鼻、口での結果について書いておきます。
基本的に、全てのパーツが正しい位置に正しいサイズで描かれている、ということが前提です。
その上で、形が変わると何が変わるか、ということを確認するための練習です。
まだ練習中なので間違ってるところがあるかもしれません。
各パーツがそれっぽく描けていても、各パーツ全ての三次元的な向きとか奥行き感が合っていないと、おかしな絵に見えてしまうので絵というのは本当に難しいと思います。

自分でもよくわからないのですが、下の解説でなぜか眉毛のことをまつ毛と書いてしまっています。
正しくは眉毛です。

 

f:id:suzuichiblog:20180209065543j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20180209065551j:plain