練習法を変えてる途中です。

練習時間が全然足りてないというのはありますが、それでも成長が遅い気がします。
おそらく練習方法が悪いんだと思います。
これまでの練習法はレバガチャみたいに、適当に直してうまくいったら良し、失敗したらもう一度修正する、という方法でした。
この方法は、時間さえかければ上手く描ける、という前提があります。
しかし、これまでを振り返ってみると、時間をかけても下手な絵しか描けていません。
前提条件を満たしていないので、今までの練習法(というか描き方)では上手い絵が描けません。

そこで、何か別の練習法をやりたいわけです。
これまでの練習を振り返ってみると、僕は絵を見る能力が著しく低い気がします。
絵を見ても角度や長さが上手く測れませんし、位置関係や比率などもちゃんと取れません。
模写をやってこなかったので、こういった能力が育っていないのだと思います。
ということで、見る能力を身につけるために模写をやっていこうかと考えています。

これまで模写を避けていたのは、見本を正しく写せても他の角度が描けないんじゃないかと思っていたからです。
おそらくこの考えは正しいので、見本と別角度を描くための練習も必要になってくると思います。
こっちは現在研究中ですが、各パーツを単純な立体に置き換えて、それをいろんな角度で描けるような手順を作っています。
本当は感覚でパッと描ければ良いのですが、僕は絵を見る能力(入力)だけでなく、描く能力(出力)も低いのでそういったことができません。
とはいうものの、なるべく感覚で描けるようになりたいので、まずは詳細に手順化して、それを徐々に省略していくことで感覚で描いてる様に見せられればと思っています。

あまり考えをまとめずに書いたので適当な文章になっていますが、とりあえず模写と描き方の手順化という練習をしていこうと思います。

↓最近描いたラクガキです。

 

f:id:suzuichiblog:20171203153059j:plain