読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練習法に悩む

どうすれば絵が上手くなるかを毎日のように考えていますが、そのせいで毎日考えが変わってしまいます。
そのため練習法が定まらずにいます。
それはさておき、今日考えたことをメモしておきます。

まず問題として、描くたびに顔が変わったり、描きたいキャラとぜんぜん違うキャラが出来上がったりしてることです。
これは、パーツや全体の組み合わせをイメージせずに紙の上で場当たり的に描いているからだと考えています。
逆に言えば、パーツや全体の組み合わせをイメージ出来れば、この問題を解決できる可能性があるということです。
イメージするための単純な方法としては、キャラの絵を見て覚えて、それを脳内でイメージできれば良い気がしますが、これだと見本がある角度の絵しか描けなくなりそうです。
それを避けるためにはキャラを立体的にイメージできるようになれば良いんだと思います。
とはいってもいきなりキャラ自体をイメージするのは難易度が高そうです。
そこでまず実際の人間の顔のパーツ(頭部・髪・眉・目・鼻・口)を簡単な立体に置き換え、それらをあらゆる角度でうまく組み合わせられるようにしていきます。
そして、より詳細に描きこんでいければいろんな人の顔を絵として表現できるようになります。
次に、この人間の顔をデフォルメできれば、キャラが描けるようになるはずです。
デフォルメの練習としては、見本絵を用意して、同じ角度のリアルな顔を描いて、どういう感じに変形しているかの法則を導き出していけば良いんだと思います。

というわけで、まずは各パーツを立体で描く練習とそれを組み合わせる練習をしていきます。
この練習はhitokaku先生を参考にしてやっていこうと思います。
また、そもそも僕は脳内で絵をイメージするのが苦手なので、見本絵をしばらく見て目を瞑ってイメージする練習もしていこうと思います。


それから脳の右側で描けのワークブック(古いやつ)を注文したので、届いたらやってみようと思います。