読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからの練習

数日前に脳内で完成形をイメージする練習をしていこうと思っていました。
なぜかといえば、描くたびに違う顔になってしまうからです。
あらかじめ完成形をイメージできるようになれば、たぶん同じ顔を描けるようなるんだと思います。

ということでまず完成形をイメージしてみましたが、できませんでした。
次に見本絵をじっくり見て目を瞑って思い出すということもやってみましたが、上手くいきませんでした。
普通に考えると今見た絵なんだから思い出せて当然のように感じますができませんでした。
その理由を考えてみると、絵をちゃんと見れていない、というか思い込みが邪魔をしてるんだと思いました。
例えばキャラの顔を見てイメージしようとすると、「斜め向きの顔で目はつり目で髪は斜めで……」みたいな感じに言葉で考えてしまい、それに合った記号を脳内から検索して、それを組み合わせるという感じになってしまっています。
つまり、目で見る→各パーツを言語に置き換える→言語にマッチする記号を脳内から取り出す→それを組み合わせる、という感じになっています。
だから、見たものをそのまま思い浮かべてるというよりは、思い込みでイメージしてる感じです。

そんななので、昔読んだ「脳の右側で描け」をもう一回読んでみたら、まさにこの通りの症状が紹介されていました。
というか絵が下手な人はこんな感じで描いてるみたいです。
つまりは絵が下手な人は左脳的な描き方で、上手い人は右脳的な描き方らしいです。
この症状を何とかするために脳の右側で描けの課題をやっていこうかと考えています。
まずは脳の右側で描けを一通り読んでから、実際にやるかを検討していこうと思います。