絵を描くとはメモ

絵を描くことについて考えようと思います。
ここでは模写やスケッチのような見本があってそれを描く場合を考えます。
想像で描くには記憶を組み合わせる必要があり、記憶で描くには見たものをそのまま描ける必要があります。
そのため記憶で描いたり、想像で描いたりするのは、見本がある状態で描けるようにならないとできない、いわば上級編です。
見本を見て描く手順は、絵を脳内に「入力」し、絵を脳内で「想起」し、絵を紙に「出力」します。
絵を描くにはこの3つの能力が必要です。
1つ目の入力では、見たものを見たままに入力することが求められます。
思い込みで「これはこうなっているはずだ!」とは考えず、見たものを見たままに描きます。
あるいは適当に省略して「これでいいか」とはせずに、細かいところまで見ることも必要です。
2つ目の想起では、動画像として考えたり記憶したりすることが求められます。
思考や記憶の方法として、文字・音声によるものと動画像によるものがあります。
例えばパスワードのような無意味な文字列の場合ならば文字で考えることが多いでしょう。
一方で小説のようなものならば脳内でキャラクターが動くのでしょう。
絵を描くにはこのような動画像での想起が必要です。
それも、細かいところまで、絵を描いている間中、脳内で思い浮かべておかなければなりません。
3つ目の出力ではきちんと絵を描けることが求められます。
例えば、直線や曲線が思い通りに引けることが必要です。
また、姿勢やペンの持ち方なども重要です。
全体のバランスをとりながら描くために、紙全体を見ながら描きたいところを見るというような、目の能力も必要です。

とりあえず、絵を描くことについて考えてみましたが、とりわけ動画像として「想起」する能力が欠けているので、小説を読んで状況を動画像で想像するなどして、まずは動画像で考えることに慣れたいです。
その後で、より詳細に想像したり、記憶したりしていきたいです。

追記:
そもそも言語・音声で考えているため動画像でイメージすることに慣れていません。
そのため何かをイメージすると揺らいでしまって、簡単な図形ですら同じ形を維持することが出来ません。
そこで、小説を読んで想像したり、自宅からコンビニまでの道のりを映像化してみたりと、動画像で考える訓練を数時間したら、あまり揺らがなくなりました。

脳の右側で描け 第6課~第10課

脳の右側で描けワークブックの第6課~第10課をやりました。
第8課~第10課はひとまとめの課題なのでまとめました。
第8課は、手の上にピクチュアプレイン(プラスチックのぺらぺらな板)を置いて、水性マジックで板の上に手の形を描きます。
第9課は、画像にある感じにグレーっぽく塗ります。鉛筆で塗ってからティッシュでこすります。
第10課は、第8過で描いたものを紙に描き写します。

第6課:上下逆さの画

f:id:suzuichiblog:20160127171845j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20160127171903j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20160127171915j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20160127171924j:plain

 

第7課:純粋輪郭画

f:id:suzuichiblog:20160127171939j:plain

 

第8課:ピクチュアプレイン上に手を描く
第9課:地塗り
第10課:ピクチュアプレイン上に手を描き、紙に写す

f:id:suzuichiblog:20160127172000j:plain

顔の練習133

立体のアタリを描く練習のために顔を描きました。
アタリの取り方自体はそれほど悪くないと思いますが、絵のクオリティがかなり低いので明日からは別の練習をしようと思います。

f:id:suzuichiblog:20160127171726j:plain

 

脳の右側で描け 第1課~第5課

脳の右側で描けワークブックの第1課~第5課をやりました。
自画像は描きましたが、さすがにネットにはアップできません。

第1課:実習前の自画像
(略)

第2課:実習前に描く自分の手

f:id:suzuichiblog:20160126170401j:plain

 

第3課:実習前に描く部屋のコーナー

f:id:suzuichiblog:20160126170422j:plain

 

第4課:ウォーミングアップの自由画

f:id:suzuichiblog:20160126170437j:plain

 

第5課:花びん/顔の画

f:id:suzuichiblog:20160126170454j:plain

顔の練習132

立体のアタリを描く練習のために顔を描きました。
結局手順で描いてしまって、完成図をイメージして描けていません。
とりあえずこの描き方を続けつつ、せめて立体的なアタリをイメージできるようにしていきたいです。

なぜキャラをうまくイメージできないかを考えていたら、小説でもイメージできないことに気づきました。
小説 イメージできない」とかで検索すると、動画像でイメージする人と言語・音声で考える人がいるみたいです。
これまでもライトノベルとかで特に戦闘シーンが出てきても全くイメージできず、適当に読み飛ばしていた気がします。
脳内でイメージできるようになるには、小説を読んでイメージする練習でもすれば良いんだろうか?
それともこのスレにあることをやれば良いんだろうか?

キャラを脳内でイメージするには、見たものを思い出す(覚える)ことができないといけない。
見たものを思い出す(覚える)ためには、見たものを見たままに詳細に脳内に入力できないといけない。
見たものを見たままに詳細に脳内に入力するのは、「脳の右側で描け」でトレーニングすれば良い気がします。
見たものを思い出すには、上のスレにあるような一瞬見てスケッチすれば良い気がします。
別に一瞬見て記憶するわけじゃなくて、見本絵を何回見ても良いので、難易度がすごく高いというわけでもない気がします。
とりあえず練習メニューに組み込んでみます。
今年中に習得できればいいなあ。

これまで記憶は、言葉で脳内に入力→言葉で記憶→言葉で思い出す→言葉で書く、という感じでした。
これを、画像で脳内に入力→画像で記憶→画像で思い出す→絵で描く、という感じにしていきたいです。

 

f:id:suzuichiblog:20160126170256j:plain

顔の練習131

今回は今までやってきた練習を統合して、実際に顔を描く練習をしました。
この描き方は、これまでと違う描き方なので、まだ感覚がつかめません。
このやり方に慣れることができるように、今後も練習していきたいです。
ちなみにこれまでの描き方は、比率を定規で測るためにアナログで描いて、それをスキャナで取り込んでデジタルで清書していました。
今回は定規を使わず自分の感覚だけで描いたので難しかったです。
ぱくたそのディアナさんの画像を参考に描きました。

また、頭部のアタリの取り方は少し変更しています。
前々回の記事では、頭頂部や目のラインでの断面図が四角形でしたが、今回は八角形にしました。
四角形だと実際の顔に即していないと感じたからです。
例えば、正面から見ると、右目~左目の正面部分だけでなく、右耳~右目あるいは左目~左耳のような側面部分も見えています。
これは断面図が四角形だとうまく表現できません。
後頭部も同じように背面だけでなく側面部分も見えます。
そのため八角形で描くことにしました。

1.顔を入れる直方体を描く

f:id:suzuichiblog:20160125170136j:plain

 

2.立体的な顔を描く

f:id:suzuichiblog:20160125170153j:plain

 

3.髪・眉・目・鼻・口を立体的に描く
ステップ2の顔のアタリは縦に細長い感じになっていたので、ちょっと後頭部を足しました。

f:id:suzuichiblog:20160125170209j:plain

 

4.清書する
目や鼻、口の位置が低かったので少しあげました。
ちょっと後頭部を付け足しすぎたので、少し削りました。

f:id:suzuichiblog:20160125170222j:plain

顔の練習130

顔の練習……というか目の練習をしました。
目は球体で感覚が掴みづらいのでまだよくわかっていません。

とりあえず目は球体で出来ています。
自分の目を鏡で見ると分かりますが、目頭の方が目尻より手前にある感じです。
目の中央部分が一番手前にあります。
また、下まぶたは球体の下の方にありあまり動かず、上まぶたは球体を上から下まで動きます。
(なんとなく上下のまぶたは球体の真ん中にある気がしますがそうでないようです。)
僕は球体を描くのが苦手なので、下の図では立方体で描いています。
これ以降の図も立方体(のつもり)です。
つり目なので目頭が下の方にあって、目じりが上の方にあります。

f:id:suzuichiblog:20160124170224j:plain

 

アイレベルとアオリとフカンでの目の描き分けをしてみました。
まず描きたい目の角度に対応するの立方体を描きます。
次に目頭と目じりの位置に×印をつけます。
あとは立方体の面に沿ってつなぎ合わせます。

f:id:suzuichiblog:20160124170240j:plain

 

最後に両目の描き方をメモしておきます。
まず立方体を真上から見たときの図を描きます。
(立方体を真上から見ると正方形に見えますが、ここでは2辺を省略して「くの字」にしています。)
そこから真下に線を引きます。
あとはその線に合うように立方体を描いて、その立方体に沿うように目を描きます。

f:id:suzuichiblog:20160124170258j:plain