髪の立体感について

前回と似たような方法で髪の立体感について考えてみました。
hitokakuにあるように、髪は毛束で描きます。
複数の毛束をまとめたものをブロックと呼ぶことにします。
ブロックは前髪3つ、ななめ髪2つ、横髪2つ、後髪が1つあると思います。
実際にブロックを描くときには毛束を1個ずつ描いていくっつけるよりも、先にブロックの範囲や形を決めてから、その中に毛束を描くほうが描きやすいです。

次に髪の表現方法について考えます。
とりあえず髪を表す線を付け根、メイン、毛先の3つに分けます。
これらの描き方を変えることで髪の印象がどう変わるかを調べました。
髪を表すある線に比べて、付け根の位置を変えずに毛先の位置を右にずらすとします。
毛先の部分だけずらすと、毛先が内側に入ったように見えます。
メインと毛先をずらすと、髪の毛の向きが右方向になったように見えます。
全てをずらすと、髪のふくらみが消えたように見えます。
以上からおそらくは、毛先の線の傾きは毛先の向きを、メインの線の傾きは髪の向きを、付け根の線の傾きは髪のふくらみを表していると考えられます。

これまで前髪の毛先が多すぎるところや少なすぎるところを直すときに、毛先の部分だけをずらす、という方法をとってきましたが何となく顔や目に向かいすぎてるように感じていました。
今回調べたことで、その理由がわかった気がします。
毛先だけでなくメイン部分の傾きを変えないと、毛先の奥行き感が変わってしまって、描きたい髪の形と違ってきてしまったのだと思います。

 

f:id:suzuichiblog:20180211080423j:plain

顔のパーツの立体感について

絵が上手いというのは、正しい立体を正しく平面に表せている、ということだと思いました。
平面に表された立体(つまりは絵のことです)から推測される立体がおかしいと、下手に見えたり違和感のある絵になってしまう気がします。
正しい立体は「つみ式ミクさん」などの3Dモデルを見れば何となく分かりますが、それを正しく平面に表す方法というのはよくわかりません。
そのため最近は、顔のパーツの立体感について考えていました。
具体的な練習法が分からなかったので結構時間がかかってしまいました。
現状の練習方法は、他の要素が固定のときにある要素を変えたらどう印象が変わるか、といった方法でやっています。
下に目、眉、鼻、口での結果について書いておきます。
基本的に、全てのパーツが正しい位置に正しいサイズで描かれている、ということが前提です。
その上で、形が変わると何が変わるか、ということを確認するための練習です。
まだ練習中なので間違ってるところがあるかもしれません。
各パーツがそれっぽく描けていても、各パーツ全ての三次元的な向きとか奥行き感が合っていないと、おかしな絵に見えてしまうので絵というのは本当に難しいと思います。

自分でもよくわからないのですが、下の解説でなぜか眉毛のことをまつ毛と書いてしまっています。
正しくは眉毛です。

 

f:id:suzuichiblog:20180209065543j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20180209065551j:plain

顔の練習185~183

ここしばらくは以前描いた顔のアタリを使って好きなキャラを描いていました。
その際、なるべく感覚で描くのではなく知識で描くように心がけました。
正しい知識を身につけることで、自信を持って早く描けるようになった気がします。


具体的な練習方法は次の通りです。
1.絵を描いてみて分からないところを明確にする
2.3Dモデル(つみ式ミクさんなど)を利用して、そこがどういう構造になっているか把握する
3.いろんな絵を見て分析して、絵として表現するとどうなるかを知る
4.実際に試してみる
とにかく自分の中から上手い絵をひねり出そうとせずに、上手い人のやり方を真似して正しい知識を身につけることにしています。

 

それでもまだうまく描けないところが多いので、知識を付けることでうまい絵を安定して描けるようにしたいです。

 

ちなみに下の絵はエロゲのキャラです。上から超昂閃忍ハルカのスバル、超昂神騎エクシールのキリカ、エリスです。
おかしなとこに気づいたら修正するので、後で画像は差し替えるかもしれません。

 

f:id:suzuichiblog:20180202112409j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20180129192138j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20180129192146j:plain

 

絵のゆがみについて

自分の絵が歪んで見えるので理由を考えてみました。
素人考えなので間違ってるかもしれませんが、平面自体やその関係について意識して今後は描いていこうとおもいます。

 

f:id:suzuichiblog:20180122140551j:plain

 

顔の比率の練習2

顔の描き方を決めるための練習をしています。
首の位置を決めることで、後頭部の付け根が分かりやすくなった気がします。
なんとなく歪んでいるので調整は必要ですが、ある程度描き順が出来上がってきました。

 

f:id:suzuichiblog:20180121091600j:plain

顔の比率の練習1

顔の描き方を決めるための練習をしています。
まだあまり上手く描けません。
それに勘で描いている部分が多いのできちんと知識を付けて、安定感を持って描けるようにしたいです。

 

f:id:suzuichiblog:20180120114424j:plain

体の比率の練習19

見本絵を元にして再構築する練習をしました。
顔の練習も並行してやるようにしたので、こちらの練習が雑になってしまいました。

f:id:suzuichiblog:20180120084704j:plain

 

f:id:suzuichiblog:20180120084713j:plain